歯科関連

歯科衛生士の国家資格|取り方や難易度は?子有り主婦でも取れる?



皆さん「歯科衛生士」という職業ご存知でしょうか?おそらく「歯科助手」と混同されている方も多いのでは?

簡単に説明すると主に歯科医院などで働く看護師さんのような役割をするのが「歯科衛生士」です。

知名度どしては「歯科助手」さんの方が高いイメージ。今回は実際に歯科衛生士として働いている私が色々解説していきます!

この記事はこんな人におすすめ!

  • 歯科衛生士の仕事がどういうものか知りたい!
  • 主婦でも資格取得を目指せるのか気になる・・・




歯科衛生士ってこんな仕事をしています!

歯科衛生士(しかえいせいし、Dental Hygienist)は、歯科予防処置、歯科診療補助および歯科保健指導等を行う歯科医療職(コ・メディカルコ・デンタル)である。

Wikipediaより』

歯科衛生士は主にこのような仕事をしています。

  1. 歯科予防処置
  2. 歯科診療補助
  3. 歯科保健指導

①歯科予防処置

予防処置とはその名の通り、歯科の二大疾患でもある〈虫歯と歯周病〉の予防を行うこと!

私が歯科医院で行っているのは歯石を取ったり、子供にフッ素を塗ったりといったことが当てはまります。歯科衛生士になりたての頃は「歯石」というものが中々わからなくて苦労したものです(-_-)。

何年も経験を積んだ今でこそどこらへんに、どのくらい歯石があるのか予想もできるようになりましたけどね(笑)

②歯科診療補助

いわゆる歯医者の横についているアシスタント。最初は全く治療の流れがわからなくて・・・(T_T)

実習の時もかなり注意され、居残りもさせられ泣きました。けど今となっては「あの時なんでわかんなかったんだろ~?」って思うくらい治療の流れってほぼ一律なのですよ。

ドクターの横について1対1でやるって、かなりの緊張ですよ!

③歯科保健指導

ブラッシング指導って受けたことありますか?あれです!食育指導なども行いますよ^^私は3大業務の中で一番難しいんではないのか?と感じます。

こちらが「あなた、今のままだとかなりヤバイよ!」と思って説明してもですね、はぁはぁ・・・で?」みたいな患者さん、正直多いのです。

熱心に聞いてくれる患者さんももちろんいますよ^^この「で?」みたいな患者さんに響くような指導をするのって本当に難しいです。




歯科衛生士になるには養成機関へ進む事が必要

高校卒業後、歯科衛生士養成機関(専門、短大、大学)へ行くことになります。平成22年4月1日以降すべて3年以上となりました。

そして3年後に国家試験→合格→歯科衛生士となれるわけです。私は高校から専門学校へ進みました。その時推薦という枠があったので特に試験対策とかはすることはなかったです。

ただやはり医療系というのは理数系が強い方が良いのかなという気はします。





難易度は状況による

合格率95%以上!数字だけ聞くと「な~んだ!結構できそう~!」と思うかもしれませんね。

ただ、3年以上養成機関に通うわなければならないという事。私の経験で言うと教科がたくさんあるのでしょっちゅう学校でもテストがあります。学校も大学と違って毎日朝からビッチリあります。

そして国家試験を受ける前に卒業試験というものがあり、それに受からないと国家試験すら受けられない・・・という最悪の事態になりますので一概に手軽に取れる資格ではないという事は確かです。

ただ言えるのは『きちんとやっていれば合格する事の出来る試験』というのは間違いないです。国家試験前に試験対策で何度も何度もテストをするのですが、だいたい同じようなところがでます。

そこを間違わず確実に取っていけば合格はできるでしょう。だって落とす為の試験ではないですから^^





子持ち主婦でも頑張り次第で取れる資格

お子さんの年齢、就学状況、旦那さんの協力などにもよるとは思いますが頑張ればできないでもないかな?と思います。

ただ先程も少し説明した通り学校も毎日ありますし(夜間もあるみたい)勉強も大変です!その他にも実習期間というのがあります。実習中は実際のクリニックで働いたり大学に行ったりと忙しい毎日でした。

でも本気でこの資格取りたいママ達がいるのであれば頑張って欲しい!←私の希望!

どこの歯科医院でも本当に歯科衛生士不足なのが現状です・・・。

歯科衛生士は女性が多い!40代主婦で子供ありの私が思う事歯科医院で見かける衛生士さん、女性が多いと思いませんか?私が実際に通ったことのある歯科医院では女性しか見たことがありません。 日本全国...





まとめ|子有り主婦で目指すには相当な頑張りが必要

歯科衛生士という資格は・・・

  • 歯科衛生士とはこれから高齢化社会を迎えるにあたってとても重要な資格である。
  • 最初は覚える事がたくさんあって大変だが、慣れればどこの歯医者でも通用する。
  • 国家試験合格率は高いが学校に通わなければならないので、あながち手軽に取れる資格ではない。
  • 子持ち主婦が目指すのであれば、かなりの頑張りが必要
  • そのうち絶滅危惧種になりそうな歯科衛生士(←免許持ってるけどやってる人少ない。)どこでも不足している。

クリニックで働き始めは本当に嫌な事が多く「なんで歯科衛生士なんかになったんだろう・・・?」なんて思った時も多々ありました。

でも今は本当に資格持ってて良かったな!と思います^^