おすすめ

大子広域公園オートキャンプ場で冬キャンプ!買い物行くのも便利




茨木県大子町にある”大子広域公園オートキャンプ場”ってご存知ですか?

アウトドア情報誌『ガルヴィ』が発表する人気キャンプ場ランキングでは東日本1位を何度も獲得しています!

私も前々から気になっていたのですが、なんせ予約が取りづらいことでも有名。そして比較的予約しやすい冬キャンプに行ってきました!

こちらのキャンプ場が高規格すぎる!ので今回レビューとしてまとめてみたいと思いますね。




大子広域公園オートキャンプ場とは?

正式名称は『大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ』となります。この写真を見ただけでもおわかりだと思いますがとにかく綺麗です!

こちらはフリーサイト⬇

大子広域公園オートキャンプ場より

フリーサイトは今まで使用したことはありませんが、こちらのキャンプ場なら「フリーサイトでもいいかも?」と思える程整備されていました。

Marika
Marika
 人数も決まっているようなので広々使えそうだったよ^^





大子広域公園オートキャンプ場が良すぎた!

私達家族は数年前から関東近郊でキャンプをしています。「今回は〇〇が良かったね!」「でも△△は微妙だったね・・・」などそれなりに一長一短あるものです。

でもこちらのキャンプ場は本当に良かった!下の写真はセンターハウス。素敵でしょ^^

Marika
Marika
今回は良いところだらけで微妙な点は全く無かったよ!!こんなキャンプ場あるの?もはやキャンプ場を通りこしている!って感じだったのよ!!!!

それではどんな点が良かったのか紹介させて下さい!

リーズナブル!

これほどの高規格ぶりなのにお値段は非常にリーズナブル。

  • 個別サイト→¥5900(冬季:¥4900)
  • フリーサイト→¥3600(冬季 : ¥2600)
  • 早期入場・延長→¥1800(冬季 : ¥1300)

しかも個別サイトは全て電源付きです!他のキャンプ場でもこれ位の料金設定は確かにありますが電源サイトではないでしょう。オール電源付きでこの料金は破格だと思います。

区画が広い!

私達は今回『個別サイト』を利用させていただきました。こちらは10m×10mという事でかなり広めに設計されています。

こちらは車を隣に停める事のできるオートキャンプスタイルですが、かなり広く感じたので駐車スペースは含まれていないのかな?という感じがしました。

この位の広さであれば、少し大きめのテント+タープorシェルでも十分にゆとりを持って設置することが可能です。

駐車スペースは後ろにも余裕があり荷物の出し入れにも便利でした。

綺麗すぎ!

とにかくいたるところがキレイ。まずはチェックインの為に立ち寄るセンターハウス。パパがチェックインを行い戻ってきた時に『うわぁ~めちゃくちゃ綺麗!!』と驚いていました。

その他女性が気になるトイレ・洗面所・炊事場などどこを見てもキレイで清潔。子供も一人でトイレに行ったり、手を洗いに行ったり・・・。怖がらずに行けました^^

更に道路は全てアスファルトになっているので靴が泥だらけになる心配も無用ですww

私のような「汚すぎは無理!」という方にはおすすめ!逆に「もっと自然を!」という方には作られすぎに感じるかもしれませんね。

個別サイトは全て電源付き!

通常オートキャンプ場って電源ありorなしで料金が変わってくるのですがこちらのグリンヴィラは、全て電源付きという何とも嬉しいスタイルなのです!

連泊する方、真夏、真冬に電源付きというのは確かに安心感はありますよね^^あったことに越したことはありません!

イベントが充実!

私達が行った時はクリスマスシーズンだったのでミニイベントとして『千本つり(くじ)』が夕方から開催されていました。あとは木工教室。

お値段が安くてビックリ!くじは¥100、木工教室は¥500でした。

木工教室は子供だけで参加する事ができ、スタッフさんがお手伝いしてとても素敵な作品を完成する事ができました。

その他にもセンターハウス内に貼ってあるお知らでは各種イベントが毎月のように開催されているようで大人も子供も楽しめるようになっています。

こんなにイベントを開催しているキャンプ場は他に聞いたことありません!こういった事が人気の理由なんでしょうね。

スタッフが多く親切!

スタッフの多さにビックリしました!

〈日本オートキャンプ協会で最高評価の星5つ〉を獲得しているのも、こちらのスタッフさんが丁寧にお仕事して下さっているおかげです!

炊事場やトレイはいつ使用しても綺麗で、最終日にゴミを捨てに行ったときも細かく分別されていました。

そしてビックリしたのがパトロールです。最初は普通の車かな?と思ったのですがよく見たら見回りをしていたようで・・・。セキュリティ面もしっかりしています。

お風呂最高!

グリンヴィラには”ふれあいの湯”という温泉施設があります。

通常のキャンプ場でお風呂が併設されているところもありますが、このお風呂のレベルが高すぎてビックリしました。しかも安い!

  • 大人→¥500(当日であれば何度でも入浴可って、かなり嬉しい!)
  • 子供→¥300(小学生以上)
  • 幼児→無料

露天風呂には、洗い場11ヶ所・ドライヤー3つ・洗濯機3台・乾燥機3台があります。洗い場にはリンスインシャンプー&ボディソープが備えられていてます。

脱衣場には親切にヒーターも置いてありました!

我が家はいつも“キャンプ場到着→テント設置→夕食→温泉”の流れになります。

温泉まで行くのに結構時間かかるし面倒な時もあるので、こんな素晴らしい温泉施設が併設されているなんて本当に嬉しい限りです!

近くに子供が好きそうな公園&スパがある!

フォレスパ大子

グリンヴィラからは歩いて行けます!

夏は屋外のプールで遊ぶ事もできます!今回水着を持っていかなかったので入りませんでした・・・。次回は必ず水着を持っていきます!!

 

フォレスパ大子

アスレチック

このアスレチックは子供達も大興奮でした!

冬なんで殺風景ですが・・・こんなに長い滑り台もあります!

山の斜面を利用した滑り台、昆虫&木をモチーフにした遊具など元気いっぱいの子供達の心を掴んだ楽しい公園になっています。

大子広域公園オートキャンプ場で冬キャンプ

Marika
Marika
 今回初の『冬キャンプ』ということだったのですが・・・。冬ってどうなの?大丈夫?と思っている方へ向けて感想を述べたいと思いますね!

冬キャンプはやっぱり寒い!

当たり前ですが「やっぱり寒かった・・・」が今年は暖冬ということもあって通常よりは気温は高めだと思いますが、やはり朝は非常に寒くテントについた水滴は凍っていました!

防寒対策は過剰気味でもOK!

しっかりとした防寒対策は必要。過剰気味でも良いと思います!

山ってやっぱり寒いし、もし防寒対策足りなかったら?って考えると恐ろしい。テントとは言え外で寝るわけですから・・・。

インナーはユニクロの『極暖&ストレッチフリース』の重ね着、上着はスキーでも使用できるもの。足元はレッグウォーマー、ニット帽も使用しました。

場合によっては命の危険も?大げさかもしれないけどありえなくはないです!!

夕食は鍋物がおすすめ!

とにかく寒かったわけですが夕食は鍋にしました。鍋を食べたら体が芯から暖まり、そのまま温泉へ直行。

温泉は少し熱めだったせいもありポカポカのまま寝袋へ。そのまま朝まで寒くありませんでしたw

空気が澄んでいる!

冬はとても空気が澄んでいて気持ち良かったです。夜も星をたくさん見ることができましたよw

虫がいない!

当たり前ですが虫は全くいませんでした!

夏は虫が苦手な人は辛いですね・・・。いろんなところからやってきます(-_-;)





大子広域公園オートキャンプ場は買い物も便利

キャンプをするのに買い出しは必ず必要ですよね?

いつもある程度は自宅から用意をしてから行くのですが、足りないものは現地調達になります。

こちらのグリンヴィラの近くにはスーパー、ホームセンター、コンビニもあるので買い物に行くのも非常に便利です。

Marika
Marika
確か車で10分位だったと思うよ!

エコスTAIRAYA 大子店

こちらのスーパーでほぼ全部揃えることできるでしょう!パン屋さんも入っていました!

カインズホーム 大子店

グリンヴィラの売店は豊富な品ぞろえですが、万が一足りないものがあればカインズホームでも買うことができますね^^

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます^^

今回は『大子広域公園オートキャンプ場』での『初冬キャンプ』をしたのでレビューとしてまとめてみました!

行くまではかなり不安でしたが、行ったら行ったでやっぱり楽しめました!ただ冬キャンプは荷物が増えますね・・・(-_-;)

車運転してても荷物の重さを感じました!ストーブ・湯たんぽ・灯油・カーペットなど色々持ってきましたからね・・・。

今まで冬キャンプしたことない方に是非参考にしていただけたらと思いますw

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング