仕事&働き方

林修の初耳学【高学歴ニートへの授業】から。今できる事をやろう!




先日放送されたTBS『林先生が驚く 初耳学!』高学歴にもかかわらずニート生活を送っている人達へ林先生が1時間の特別授業を行いました。

ネット上でもとても反響があり話題になっています。

私は高学歴ではありませんが林先生の授業がとても勉強になりましたので今回こちらの記事にまとめたいと思います。




高学歴ニートって?

ニートの中でも高学歴なのに仕事をしていない、または就活もしていないニートの事を高学歴ニートと呼んでいます。

世の中『勉強をする→良く学校に入り→良い大学を出て→一流企業へ就職』が1番良いと思われてきました。

私も親からそう言われてきた経験がありますので・・・。

実際に自分が子供を持つと学校での勉強が最優先で、『勉強ができて欲しい!』と思うのはどの親も同じことなのではないでしょうか?

きっと彼らも小さい頃は成績優秀で優等生の道を歩んできたのでしょう。





なぜ高学歴ニートなの?

Marika
Marika
 なんで高学歴なのにニートやってるんだろうね?

林先生も番組冒頭では

  • 人生どう使うかは自由!
  • ニートはダメではない!
  • スネはかじれ!

と最初から頭ごなしに否定することはありませんでした。しかし、なぜニートなのか?という問に彼らは

  • 自分の貴重な時間を他人のために使いたくない・・・
  • いい大学をでて、いい人生を歩めないのはおかしい・・・
  • 就職したけどやりたい仕事じゃなかった・・・

などなど答えたところから林先生の熱い授業が始まったのです!

私は思わずテレビを見入ってしまいました。なぜならすごく考えさせられる・納得させられる部分が多かったからです。





フリーラーダー問題

皆さん“フリーラーダー問題”って知っていますか?私は恥ずかしながら今回初めて知りました。

フリーラーダーとは?

経済学においては、ことに公共財のように非排除性があるサービスについて、対価(供給のための費用)を支払わないで便益を享受する者を指す用語である。

Wikipediaより

このような事態が社会問題となっているのです。

『働かない→税金払わない→でも公共サービスは受けてる』

確かに・・・。その裏ではきちんと働いてい税金払っている人がたくさんいるんだよって事ですね。

やりたい仕事 vs できる仕事

林先生の授業で興味深かったことはこれ

  • やりたい⇔やりたくない
  • できる⇔できない

人は皆「やりたい仕事をしたい!」と思いますよね?

でもやりたい仕事をできてる人はラッキー!!」でしょう。実際に世の中「やりたい仕事をしている」という方がどれくらいいるのでしょうか?

う~ん、かなり少ないと思いますよ(-_-)

私も以前は常に「やりたい事を仕事にしたい!」と思っていた1人です。

やりたい仕事ではないけど、できる仕事をしてきた

私は高校卒業後、歯科衛生士の資格を取るために専門学校へ進みました。そこで『思っていたのと違う・・・』『合わないかも・・・』と思い始めたのです。

しかし、せっかく学校へ行ったので“とりあえず国家資格だけでも!”と思い学校は辞めず晴れて衛生士になりました。

『自分には合っていない』『やっぱりやりたくない!』と思ってたけど、資格もったいないからやってみよう!という気持ちで働きはじめたのです。

まさに林先生の言葉の通り『できる事』をやっていたのだと思います。もちろん辛い時期もあり転職したこともありましたよ。⬇

仕事のストレスが限界に!突然溢れ出す涙が止まらなくなった・・・今日から社会人だーーー!やったーー!と思ったのも遥か昔・・・。 仕事で受けるストレスは学生時代とは比べ物にならない程たくさんありますよ...

その結果人の上に立つまでになった

働きながらずっと『やりたい仕事』探しをしていた私・・・。

何だかんだ言っても衛生士を続けていました。その結果ベテランと呼ばれるまでになり、人の上に立って指導するまでになりました。

やりたい仕事ではなかったけど、続けてみて良かったなと今では思っています。

まずは今できる事をやろう!

働いている人であれば一度は『やりたい仕事をしたい!』と考えたことあるはず!私も『やりたい事じゃないから仕事辞めたい・・・』と思ったこともたくさんある!

しかし!今回の林先生の特別授業を見て改めて

まずは自分が今できる事をやろう!

この考えが非常に大切なんだなと実感しました。歳を積み重ねていけば人間1つや2つできる事があるはずです。

自分からした大したことない事でも他人から見たら『すごーーい!』と思われるような事が・・・

林先生の売れない本の話

林先生は『僕はもともとやりたいことは、本を書くことだったんですよ!』と番組でおっしゃってました。

そこでちょうど自己啓発本の執筆依頼の話が来たそうで・・・しかし先生は書きたくなかったとのこと。

でも『頼まれたということは自分は書けると思われたのだろう』という事で書いてみたら

出版された自己啓発本はトータル100万部超えの大ヒット!!

林先生の本のおかげで編集者さんの人生に変化が!

先生の本が大ヒットしたおかげで担当の編集者さんは正社員として働くことにもなりました!

先生はこのお話の中で『編集者さんの奥さんのご両親がとても喜んでくれたことが嬉しかった』とおっしゃっていました。

最初は気乗りしなかった自己啓発本の執筆からはじまりましたが、これをきっかけに他人が幸せな気持ちになれたことはとても素敵なことですよね。

今度は自分の書きたい本を書いてみた林先生

こちらの本は先生が書きたかった本として販売されましたが唯一重版されなかった本です。

すごいタイトルですよねww

『売れない自分の本を見て苦くて、こんな屈辱味わうんだったら書きたい本を書くよりも、書きたくないけど周りから求められている本を書くほうがマシ!』と思ったとかww

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます^^

林先生の初耳学【高学歴ニートへの授業】からたくさんの事を学ぶ事ができました。

できる事をとりあえずやってみる!というのは非常に大切で、それを続けた先にはまた違ったら未来が見えるような気がしました。

やりたいことないから~!ではなく、できる事をしながら模索していけば良いのです。

私は既に40代半ばまで来てしまいました。しかし、これからも自分ができる事をまずやってみよう!

という気持ちにさせてくれた授業だったと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキング