ママ業&子育て

育児のイライラが止まらない原因を考えた!完璧は求めず諦めが大事




こんにちは!毎日年子姉妹の育児にイライラしているMarikaです。

週末、3連休、長期連休になると更にイライラ度は増す一方・・・その後は自己嫌悪に陥ってしまうという負のループにはまっています。

このイライラどうすればいいんだーーーー!!!

今回はこんな方に読んで欲しい!

  • 「あ~ほんっと、毎日イライラするわーーー!」と思っている
  • 怒ってばかりの自分に嫌気がさしてる・・・
  • 「もう、どうしたらいいんだよーーー!」皆はどうなの?私だけ?




育児のイライラが止まらない!

Marika
Marika
子供が産まれてから今日までイライラしない日はなかったと言っても過言ではない・・・。

女性って、あの壮絶な出産の後すぐに「良い母親」を求められるわけです。特に旦那や親戚・・・。

はむりん
はむりん
それって、かなりのプレッシャーだよね!

旦那は自分の母親がやってきた事を妻にも求める傾向が・・・。でもちょっと待って!

「私あなたの母親とは違うから・・・」と何度思ったことか。

そんなこんなで自分の気持を開放することなく私の心は閉ざされていきました。





育児のイライラの原因は何?

Marika
Marika
今回改めて育児に対してイライラしている原因は何?ということを落ち着いて考えてみたよ!

  • 睡眠が削られるにイラッ!
  • 食事中の食べこぼしにイラッ!
  • 思い通りに動いてくれないにイラッ!
  • 1人で出かけられないにイラッ!
  • 口答えしてくるようになるにイラッ!
  • すぐに「ママが〇〇って言ったから~」と言われることにイライラっ!!
  • 何度も同じことを注意しても聞かないことにイラッ!

①睡眠が削られるにイラッ!

特に産後赤ちゃんのリズムが安定するまでは本当に眠れないんですよ・・・。上の子は特に細切れ睡眠だったので

「何で寝ないわけーー!!」

「寝るって簡単だろ!目つぶるだけじゃん!!」

とイライラしていました。

だって子供が寝ないと自分が眠れない・・・眠れない事がこんなに辛いなんて。眠れる日はいつになったら来るのか?とまで思ったほど。

②食事中の食べこぼしにイラッ!

我が家は年子だったので食事中は戦場。お誕生日席に1人、横に1人座らせ私は両手を使って同時に食べさせる・・・。

途中でお皿をひっくり返したりしたら悲惨!片付けてる間に大変なことに・・・。

子供が小さいと食事中はまさに戦場そのものです。

③思い通りに動いてくれないにイラッ!

子供は自分が思ってるタイムスケジュール通りに動かない!

Marika
Marika
お出かけまえにこんな事は日常茶飯事⬇

  • う○こした!
  • 服が汚れた!
  • 泣いてる!
  • 喧嘩してる!

初めて子供が産まれた時に思った!

「1人だったあの時代が懐かしい!」

「1人で出かけるって何?最高じゃん!」

④1人で出かけられないにイラッ!

今まで1人で気楽に行動してきたのに、子供が産まれた途端に24時間常に行動を共にする生活に最初は戸惑いました。

更に出かける前は大忙し!

「ミルクを飲ませて3時間後に帰らなければ~!」

「母は時間が限られてる!早く~」

あ~、1人でゆっくりする時間が欲しい。いつになったらできるの?常にこんなことを思ってきました。

⑤口答えしてくるようになるにイラッ!

無事に幼児期を卒業し、集団生活に入ってくると徐々に自我が芽生えてきます!

これは女の子の特徴なのかもしれませんが、段々口答えしてくるようになるのです。女同士の戦いとでも言うのでしょうか?

Marika
Marika
あー言えば、こー言う。女の子ママから聞いてはいたけど遂に来たかーーー!

という感じが現在続いています・・・。

はむりん
はむりん
女は口が達者だからな・・・

はい、そうですね・・・。

⑥すぐに「ママが〇〇って言ったから~」と言われることにイライラっ!!

今はこれが最高潮にイラッとしています!!全てママのせいにしてくる・・・。何なんでしょう?

これも女の子の特徴なのかもしれませんが、さすがにイラッと・・・。

Marika
Marika
それだけ成長してるってことなんだけどね・・・

⑦何度も同じことを注意しても聞かないことにイラッ!

子供って同じこと何回も繰り返します。朝から晩まで毎日同じことを注意してるのに聞かない。

正直この苛立ちは子供の一番近くにいる母親にしかわかりませんよ。

「いつになったらわかってくれるんだろう・・・」

「さっきも同じ事言ったよね?」

の繰り返し。褒めて育てたいのに褒められなくて自己嫌悪・・・。

あ~あっ、やってらんなーーーーい!





育児にイライラしている原因は子供以外にもあった

自分なりに考えました。

「イライラしすぎて私病気じゃない?」

「カウンセリング受けたほうが良いのかな?」

Marika
Marika
 いやいや、原因は他にもあるってわかってるはず。理由はこれもじゃない?⬇

  • 旦那への不満
  • お金への不安

旦那への不満

うちの旦那は子供を遊びに連れて行くとかはまぁまぁしてくれます。

しかし心の奥のどこかで「女が家事育児はやるもの」みたいな考えが垣間見える。

Marika
Marika
 今の時代そんなの古い!と思っても団塊の世代に育てられた40代以上の男性はなかなかわからないんだよね・・・

はむりん
はむりん
40代以上の男には耳が痛いな・・・

旦那がわかってくれない...に消耗したくない!と思ってるあなたへ結婚する前はみんな同じような事を思っていたはず! 「この人とだったら一生ずっと仲良くいられそう♡」「この人に決めて間違いない!」と・・...

お金への不安

専業主婦時代~パートの今に至るまでお金の不安は一度も消えたことがありません!

小学校に入学すると学費以外での細かい出費が増えていきます。例えば・・・

  • お友達と遊ぶのにおやつを毎回持っていく(1人1~2袋位持ってきます)
  • 子供が欲しいものが増える(〇〇ちゃんが持ってるから欲しい!)
  • 小学生になるとレジャーの値段も上がる(入場料とか小学生から少し高め)
  • 外食時も1人一人前食べるようになる

昔も今もワンオペ育児が多いよ!

私は子供が小さい頃から今に至るまで(娘6・7歳)ほぼワンオペ育児で乗り切ってきました。

Marika
Marika
独身の時は風邪なんかひいたことなかったのに、母親になってから1年に1~2回は風邪もひくようになっちゃって・・・。その時が最高に辛い!

そう、体調が悪くてもお母さんに休みはありません!どんなに辛くても母親業は待ってくれないのです。

独身時代とは真逆の人に合わせた生活。好き勝手やってた私にとって自分が優先順位の最下位にいることにかなり苦痛・・・。





子供が3歳を過ぎれば楽になると思っていた・・・

我が家は1歳2ヶ月違いの年子だったので幼児期は本当に大変でした。

周りからは「3歳過ぎれば楽になるから!」との言葉を信じ、指折り数えて娘たちが3歳になるのを待ちました。

でも結果違ったよ・・・

Marika
Marika
でもね、3歳過ぎても決して楽にはならないよ!!!4歳5歳過ぎると子供に対しての接し方の難しさを悟ったよ・・・

そう育児は大きくなるにつれて、悩むポイントが変わってくるのです・・・

赤ちゃんの時はオムツやミルクなどの生理的欲求を満たしてあげれば良かった。

しかし!大きくなると「〇〇したくない!」「△△やりたい!」というのが更に強くなり、小学校入れば勉強も見てあげなければいけない・・・。

そう悩みはおおきくなっていきます!

完璧は求めず諦めが大事という事を悟った・・・

日々イライラしてしまうダメな母親なのですが、イライラしないように心掛けていることがあります。

Marika
Marika
完璧は求めず諦める事も大事。無理すんな・・・

大体のことは適当でいいじゃん!

最近では夜ご飯作るのも適当になってきてますww 

「母親だって作りたくない時ぐらいあるんだーーーー!」そんな時は1品だけ作ってあとは切るだけ、出すだけと適当。

Marika
Marika
 冷凍ギョーザ&冷凍うどんのストックは必須だよ!

子供の勉強も1学期は本当にできなかったんですね。特に算数が・・・

「でもよく考えて!算数って産まれてから一度もやったことないじゃん!!しょうがないよね。」

そう、勉強の覚えが多少悪くたって気にしないようにしました。

できるだけ見ないようにしようね!

旦那に関しては見ない!余計な事は言わない!を徹底しています。じゃないとイライラしてくるので・・・ww

小さいことも目に入らないようにする。

Marika
Marika
 たまには家が散らかってたっていいじゃない!そういう時もあるよ。子供がいるっていうことはそういう事!

自分の収入を増やす努力をしよう!

周りのママ友と話しても皆お金への不安はあります。それをどうするかは自分次第!

今まで働いてなかった人は働けばいいし、最近ランサーズクラウドワークスで在宅でのお仕事案件も多数見つかります。

私もパートの他に副業もしていますし・・・。明るい将来に向けて今を頑張るしかないと思っています!

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございます^^

子供がもっと小さい頃、色々な育児書を読んでいました。どれもこれも優しい母親像ばかり・・・

「こんなふうになれないよ・・・」と落ち込む事も。

どんなに落ち込んでも子育ては「やーめた!」ってできないわけです。誰も育ててくれない、自分がやらなくてはいけないのです。

だからこそ「手抜きは必要!!」「諦めは大事!」

ママと子供が沢山笑って楽しく過ごす!ができてればその過程はどうであれHappyなのです。

私も母親になって7年しか経っていない!母親業はまだまだ続きます。程よい手抜きで今日も乗り越えて行くよーーー!