季節のこと

日傘には寿命がある!見分け方のポイントはここ!替え時を知ろう



ポカポカの春を迎え、気になってくるのが強い日差し。

外出時には日傘はかかせませんよね!

ところで皆さん日傘にも寿命があるってご存知でしたか?

日傘はUVカット機能、遮光機能があってこそのもの。知らないうちに寿命が過ぎてたら日傘をさしている意味もなくなってしまいいます。

女性にとって「日差し=紫外線」はお肌の大敵!大切なお肌を守るためにも日傘について色々知っておきましょう!

そこで今回はこんな疑問にお答えします!

  • 日傘の寿命は?
  • 寿命の見分け方のポイントは?
  • 長く使うにはどうしたら良いの?



日傘の寿命

①一般的な日傘の寿命

本体の構造や生地などにもよりますが、寿命は2~3年と言われています。

  • 一般的な傘とは生地にUVカット加工処理を施したもの。
  • ここでの寿命は〈UVカット加工の寿命〉を指します。

個人の使い方や使用頻度などによっても若干変わってきますが、定期的な買い替えが必要なことは確かです。

Marika
Marika
日傘に寿命があるっていうのは知っていたけど2~3年って・・・。結構短いんだね!

最近では雨の日にも使えるように兼用の日傘が多く見られますが、実は2種類あるのご存知ですか?

  • 晴雨兼用日傘:日傘に防水加工を施したもの
  • 雨晴兼用日傘:傘にUVカット加工を施したもの
Marika
Marika
そうなんだ!あまり気にして見ていなかった・・・

日傘メインなのか?雨傘メインなのか?によって変わってくるので選び方は注意が必要ですね。

②UVカット効果の落ちない日傘もある

洗ってもUVカット効果の落ちない特殊な繊維を使用した日傘もあります。

繊維に特殊な紫外線を遮蔽するセラミックスを織り込んだものなので、洗濯を重ねても破れない限り効果が減少することはないという画期的な日傘です!!

(1)芦屋ロサブラン

こちらは機能性はもちろん、芦屋・神戸の雰囲気が漂う上品なのにシンプルなデザインな日傘です。

遮光率に徹底的にフォーカスし、100%完全遮光構造。今まで99.9%まではありましたが、なかなか100%まではありませんでしたよね?

もちろんUVカット加工した傘ではなく、生地そのものが100%遮光なので効果は落ちることはありません。

(2)SUN BARRIER100(サンバリア100)

サンバリア100も独自開発した生地を使用した日傘や帽子などを販売しています。
色やデザインに関係なく遮光率100%を実現。

こちらは普段遣いに嬉しいシンプルなデザイン。

紫外線だけでなく赤外線や可視光線もカットすることにより傘の下が涼しいことも魅力的ですね!

>>>SUN BARRIER100

サンバリア100の日傘買ってみました♡レビューはこちら!

【口コミ】サンバリア100の日傘は最強!夏は買えないって本当? 完全遮光100%の最強日傘〈サンバリア100〉 4月の時点で既に、お目当ての傘は売り切れ状態。 待っている間に、あっという間に真...

(3)EPOCHAL

エポカルはファミリー、アウトドア向けになります。

色合い、デザインも可愛くBaby用もあります。家族でリンクコーデもできますよ!

こちらも、もちろん繊維自体にセラミックスを織り込んで紫外線をシャットアウト。

>>>〈EPOCHAL(エポカル)〉は日本唯一の紫外線ブランドとしてアパレル全般を取り扱っています!




日傘の寿命の見分け方ポイント

①見分け方ポイント1:破損していないか?

まずは基本的なこと。傘自体が壊れていないかチェックしてみましょう!

  • 穴が空いていないか?
  • 骨組みは曲がっていないか?
  • 開閉はしっかりできるのか?

②見分け方ポイント2:色褪せはしていないか?

UVカット商品って色の濃いものが多いですよね。

黒、紺は色褪せが目立ちやすい色でもあります。更に傘の生地が綿や麻だったりすると、更に劣化は早いです。

生地が劣化→生地が薄くなる→機能が衰える→UVカットの意味なし

色褪せも重要なチェックポイントと言えるでしょう!

③見分け方ポイント3:使用年数

実際のところ「どの程度UVカットされているのか?」というのは測ることができません。

なので購入した時期を覚えておいて、2~3年位使用したら〈買い換える〉という認識でいたほうが無難でしょう。





日傘の寿命を伸ばしたい方へ

ママ友①
ママ友①
そんな定期的に買ってたら結構コストかかるわ・・・

Marika
Marika
わかる、わかる!良いやつは高いしね!

安い日傘でも寿命を伸ばしたい!

そんな時は防水スプレー、UVカットスプレーを使用してみてはいかがでしょうか?

日傘は日差しが直接当たるので劣化しやすいのは事実・・・。しかしお手入れ次第で寿命を少し伸ばすことは可能です。

最近はUVカット商品がとても充実しています。

日傘だけでなく、帽子・手袋・上着などにもUVカットスプレーしてみてはいかがでしょうか?

UVカット効果も高まりますし、劣化も遅らせることができますよ。

紫外線対策のUVカット帽子の効果はどのくらい?選ぶポイントまとめ 日差しが強くなると気になってくるのが紫外線 温暖化の影響もあり、年々日差しが強くなっているような・・・ 最近では「紫外線対策は全...

紫外線ケアを徹底的にしたい!

日傘だけでは心配だわ・・・という方へ

紫外線からお肌を徹底的に守りたい!という方には〈飲む日焼け止め〉もおすすめ♡
内側、外側からのダブル効果でシミ、シワを予防できますよ。

〈飲む日焼け止め〉詳細はこちら!

日焼け止めパウダー【トゥヴェール】口コミ。塗り直しにもおすすめ! 春になってくると段々気になってくるのが強い日差し 年齢が増すごとに気になってくるのがシミやシワ・・・ 1年中日焼け止めを使用して...





まとめ|一般的な日傘の寿命は2~3年

これから日差しが強くなる時期ならではの疑問についてまとめてみました。

  • 一般的な日傘の寿命は2~3年
  • 特殊繊維を施したUVカット効果の落ちない日傘もある(お値段高め)
  • 見分け方ポイント:破損、生地の劣化、使用年数
  • 寿命を伸ばしたいなら防水スプレー、UVカットスプレーをしてみよう!