季節のこと

紫外線対策のUVカット帽子の効果はどのくらい?選ぶポイントまとめ




日差しが強くなると気になってくるのが紫外線
温暖化の影響もあり、年々日差しが強くなっているような・・・

最近では「紫外線対策は全くしていない!」という方の方が珍しく、皆さん何かしら対策は行っていると思います。

その中の1つで、手軽に行えるのが「帽子」

UVカット帽子も、以前より種類や色も多くバリエーションに富んでいます。
実は選び方にポイントがあるのご存知ですか?

適当に選んでいては効果も減少してしまいます。
是非選び方のポイントを抑えて紫外線対策の効果アップを図りましょう!



紫外線による影響

紫外線は1年中降り注いでいるのですが、その中でも注意が必要なのは春・夏
春はギラギラした日差しではないものの、紫外線量は夏とほとんど変わりません!

ちなみに冬でも夏の半分程度の紫外線量はあります!

watashi by shiseidoより

①紫外線は3種類!注意が必要なのはUVA & UVB

Marika
Marika
紫外線は主に3種類あるんだよ。

  • UVA(紫外線A波):肌の深部まで到達、ハリ・弾力の元の繊維細胞を破壊
  • UVB(紫外線B波):肌の表面にダメージを与え、シミ・そばかすの原因に
  • UVC(紫外線C波):オゾン層によって吸収され地上には届かない
Marika
Marika
UVAとUVBめちゃめちゃ怖いじゃん、、!春・夏だけでなく1年中紫外線対策を行ったほうが安心ってことだね!




紫外線対策にはこれ!

皆さんは日頃の紫外線対策何をされていますか?

Marika
Marika
紫外線対策と一言で言ってもたくさんあるんだよね!

  • サングラス
  • 日焼け止め 
  • 帽子 
  • 日傘
  • 日焼け止めパウダー
  • 飲み薬
  • カーディガン、シャツなどの洋服

一つだけでなく、色々組み合わせて徹底的に紫外線対策を行いたいですね♡





紫外線対策のUVカット帽子の効果はどのくらい?

Marika
Marika
UVカット帽子被ってるけど、効果ってどのくらいあるんだろう?デザインとかでも違ってきそうだよね?

UVカット帽子はデザイン、生地などによって効果が変わってくるのです!!
通常、普通の帽子を被ると紫外線量は約20%減少します。

でも!20%じゃ全然足りない!

つまり、80%は紫外線当たってるじゃない!!
できればシミ・そばかすの原因ともされる紫外線は100%カットしたいところ、、、

そこで大切なのは「UVカット帽子」&「日傘」なのです。

日傘についてはこちらにまとめあるのでどうぞ! ⬇

日傘には寿命がある!見分け方のポイントはここ!替え時を知ろうポカポカの春を迎え、気になってくるのが強い日差し。 外出時には日傘はかかせませんよね! ところで皆さん日傘にも寿命があるってご存知で...

日傘は持ち運びが面倒な時もありますが、帽子なら手軽に紫外線対策できますよね♡

日焼け止めクリーム、日焼け止めパウダーなどと併用してUVカット帽子を使用すれば限りなく紫外線をカットすることは可能なのです。

日焼け止めパウダー【トゥヴェール】口コミ。塗り直しにもおすすめ! 春になってくると段々気になってくるのが強い日差し 年齢が増すごとに気になってくるのがシミやシワ・・・ 1年中日焼け止めを使用して...





紫外線対策のUVカット帽子|選び方のポイント!

ママ友
ママ友
紫外線対策にUVカット帽子を買おうと思ってるんだけど、選ぶポイントってあるのかな?

Marika
Marika
選ぶポイントあるよ!参考にしてみてね♡

  1. 加工方法について見てみよう!
  2. 色はなるべく濃いものを!
  3. 帽子のつばは広くて長いものがおすすめ
  4. 生地は厚めのものが良い!

①加工方法について見てみよう!

「UVカット加工」には実は2種類あります。

  1. 生地の表面にUVカット加工を施したもの
  2. 生地(繊維)に特殊な紫外線を遮断するセラミックスを織り込んだもの

どのように見分けるかと言うと、まずはお値段。

一般的に表面処理のみのものは寿命も短く、お値段も比較的お安め。

逆に繊維自体がUVカット効果を持つものは、破れない限り効果は持続。
もちろん洗濯をしても効果が減少することはありません。

ネックなのはお値段・・・もちろんお高めです。

しかし「安物買いの銭失い」という言葉があるように、安いものを買い換えるか?高いのを買ってずっと使い続けるか?

結局そんなに大差はないのかな、、、と感じます。

②色はなるべく濃いものを!

帽子を被るにしても「何色選んだらいいの?」「夏はやっぱり白かな♡」と思われている方。

是非とも濃いめの色をオススメします!

というのも色によって紫外線透過率が変わってくるのです・・・

  • 白→19.4%
  • ピンク→9.6%
  • 青→4.8%
  • 黒→1.7%

圧倒的に黒が透過率が低いのがわかると思います。

生地自体にUVカット加工が施されている帽子であれば、色は関係ありません。
ただ表面処理のみの帽子は、是非黒を選びたいところですね。

③帽子のつばは広くて長いものがおすすめ!

帽子のつばの広さや長さは重要なポイント!
できれば頭周辺を覆うようなものが好ましいです。

つばが短ければ、お顔に当たる紫外線は当然増えてしまいますからね・・・。

つばの長さによってUVカット効果も変化してきます。

  • 3cm→35%減少
  • 7cm→60%減少
  • 10cm→70%減少

つばは長ければ良いというものでもなく、10cm以上はあまり効果に変化は見られません。

つばが前後に10cm以上あると紫外線カット率は90%以上と言われています。

あまり長くても、視野が狭くなったりして逆に使いずらくなってしまうので7~10cmを目安に選ぶと良いでしょう。

④生地は厚めのものが良い!

生地は目が細かく厚めのもののほうが、紫外線を通しにくいです。
逆に麦わら帽子など目が粗いものは、紫外線を通しやすいので注意が必要ですね・・・

厚めだと若干通気性の気になるところですが、最近の帽子は通気孔があるものもあります。

結構快適に作られている帽子もあるので、しっかり確認してから購入しましょう!

【口コミ】サンバリア100の帽子がおすすめ!完全遮光100%が凄い 40代に突入して特に気になり始めたのが、シミやそばかす・・・ 今まで自分なりに紫外線対策を行ってきたつもりでした。 シミやそばか...





まとめ|UVカット帽子の効果は生地、色、つばによって変化する

今回は誰しもが気になる紫外線

その紫外線対策で多くの方が使用されている「UVカット帽子」について色々まとめてみました。

  • 紫外線は春・夏はほとんど変わらない
  • UVA、UVBは地上に到達し、お肌へ悪影響を及ぼすので紫外線対策は必要
  • 効果は加工方法、色、つばの長さ、生地の厚みにより変化する
  • 色は濃い目→黒、赤、青などが良い
  • 生地自体にUVカット効果のあるものは色はなんでも良い
  • 帽子のつばは広くて長め、頭全体を覆うスタイルが好ましい
  • 最近では飲む日焼け止めなどもあり、外側だけでなく内側からのケアができる