トレンド

雅子様の学歴や語学力が凄すぎる!高校や大学も超エリートだった




皇太子妃から皇后様へなられてから、雅子様は本当に輝いていますよね。

一般から皇室へ嫁がれたことにより、一時期は体調不良でご公務をお休みされていました。

しかし最近ではご公務に積極的に参加され、お二人ならではの新しい皇室スタイルが話題になっています。

テレビなどでその笑顔を拝見する度に、とても嬉しく和やかな気持ちになります。

そんな雅子様は言わずと知れた超スーパーエリート!

今回はその学歴を詳しく調べてみました。どうぞ!



雅子様の学歴が凄すぎる!

女性自身より

皇太子さま(現在の天皇陛下)のお妃探しの候補として、突如現れた雅子様。
当時の報道でも、そのエリートっぷりは半端ない!ってことは話題でしたよね。

Marika
Marika
どうしたらこんな経歴になるの?世の中にこんな人いるの、、、?

既に生まれた時点で、一般の人とはかなりかけ離れた環境だったことは確かです・・・

①雅子さまの幼少期

雅子さまは、父親でもある小和田恆(おわだひさし)さんの仕事の関係で生後まもなく家族でロシア(旧ソ連)・モスクワへ移住しています。

通い始めた頃は、まだ2~3歳と幼かったせいか慣れない言語・集団生活により泣き出してしまうこともあったようです。

その数年後、またお父様の仕事の都合で今度はアメリカ・ニューヨーク州へ移住。

  • 1966年9月-2歳:モスクワ市立ジェツキサートNo.1127保育園入園
  • 1968年9月-4歳:ニューヨーク市立第81パブリックスクール付属キンダーガーデン入園

②雅子様の小学校時代

雅子様は幼い時期をロシアやアメリカで過ごし、小学校1年の時に一時帰国します。
その後、日本で数箇所の小学校へ通うも田園調布雙葉小学校で落ち着いていますね。

  • 1969年9月-5歳:ニューヨーク市立第81パブリックスクール入学
  • 1971年3月-7歳:目黒区立原町小学校1年編入
  • 1971年4月-7歳:新宿区立富久小学校2年編入
  • 1972年4月-8歳:田園調布雙葉小学校3年編入
雅子様は動物が大好きで、小学校時代に「生物部」に所属し卒業文集では「将来は獣医になりたい」とまで記していました。

普通の家庭では転校を一生に1回するかしないかの程度ですが、雅子様の小学校時代は転校が多いですね、、、

③雅子様の中学校時代

雅子様は小学校を田園調布雙葉小学校を卒業し、そのまま付属の中学まで進んでいます。

雙葉と言えば、言わずと知れた「お嬢様学校」です。
中学校は偏差値も高く(69)、きちんとお勉強しないと入れない名門校です。

この時「ソフトボール部」を結成し活動していたエピソードがあります。
ご自分で部活を結成されるとは、なかなか活発なお嬢さんだったようですね!

雅子様は、バッティングセンターに通い練習には必ず出席するといった熱心な生徒だったとか。

お勉強だけでなく、スポーツの方も一生懸命されていたんですね、、、

1976年4月-12歳:田園調布雙葉中学校入学

意外にも雅子さまは義務教育を日本で過ごされているので、帰国子女ではないそうです・・・

④雅子さまの高校時代

Yahooニュースより

高校もそのまま田園調布雙葉高校へ進学しますが、お父様のお仕事の関係でアメリカ・ボストンへ渡ります。

  • 1979年4月-15歳:田園調布雙葉高校入学
  • 1979年9月-15歳:マサチューセッツ州ベルモント・ハイスクール編入

渡米先の高校でも「ソフトボール部」に所属、更には「数学クラブ」にも入部しています。

高校時代にはHigh Honor student (最優等学生)と認められました。

更にはアメリカ政府が米国全体の上位5%に贈るナショナル・オーナー・ソサエティーにも選ばれています。

地元紙が年数回掲載する「成績優秀者」の欄の常連だったと言われています。

これだけでも、とにかく学生時代からずば抜けた頭脳の持ち主だったということが伺えますね!!




雅子様の大学はハーバードと東大

文春オンラインより

高校を卒業された後は、世界的な名門ハーバード大学へ進学しています。

ハーバード大学時代も、もちろん成績優秀でした。
卒業時には「Magna Cum Laude(マグナクムラウデ)」=優秀賞を受賞しています!

この賞もとても名誉あるもので、雅子様が卒業された経済学部ではわずか3名しか受賞していません。

  • 1985年6月-21歳:ハーバード大学経済学部卒業
  • 1986年4月:東京大学法学部第3類(政治コース)に学士入学
  • 1987年3月:東京大学中途退学

東京大学を中途退学し外務省へ入省しています。

ちなみに東大中途退学はエリートコース!

退学と聞くと、あまり良いイメージがありませんが雅子様の場合は全く違います!

既に単位を取り終わってしまったので、退学して外務省に入省したというエリート中のエリートのなせる技なのです。

すっ、凄すぎる・・・

外務省に入省してからもイギリスへ留学をしたり、勉学に励んでいたようですね。

  • 1988年9月:オックスフォード大学ベリオール・カレッジへ留学
  • 1990年6月:帰国





雅子様の語学力が凄すぎる!

雅子さまの学歴の凄さの他に、語学力も凄いのですがそれが半端ないのです!!
なんと雅子様は5ヶ国語に精通していると言われています!

Marika
Marika
5ヶ国語って・・・帰国子女だって多くて3ヶ国語くらいじゃないの?

国際交渉で通訳官を務めたほど英語が堪能で、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ロシア語なども話されます。並みの通訳など軽く凌駕するネイティブレベルです

Yahooニュースより

めちゃくちゃ凄くないですか、、、!!

雅子様カッコ良すぎますよね!

先日トランプ大統領夫妻とお会いになられた時も、自然に身についた国際感覚で素晴らしいおもてなしをされていました!

The New York Timesより

トランプ大統領も雅子様の語学力には大変驚かれたようですね。





まとめ|雅子様は類まれなエリート中のエリートだった

今回は雅子様の学歴や語学力についてまとめてみました。

幼少期の頃から大学卒業まで、とにかく全てがエリート街道まっしぐらという感じでしたね!

やはり外交官である、お父様の影響がとても強いのではないでしょうか?

勉強だけでなく、スポーツなどにも熱心に取り組んでいたようですね。

これから新しい皇室という点で雅子様の存在は必要不可欠となっていくのは間違いないでしょう。