季節のこと

カレーの常温保存はダメ!夏は食中毒の危険も!賞味期限はどのくらい?



子供も大人も大好きなカレー、もはや国民食と言っても過言ではないでしょう。

しかも一晩寝かせたカレーは更に美味しさが増し、ついつい多めに作ってしまいがち。

ところで余ったカレー、どのように保存していますか?

「鍋のまま冷蔵庫で保存してるよ!」

という方がほとんどではないでしょうか?

実はこの方法、とても危険なんです、、、!

そこで今回は ⬇

  • カレーの正しい保存方法
  • 常温保存や鍋のままの保存がなぜ危険なのか?
  • 賞味期限はどの位なのか?

などについて解説していきたいと思います!



カレーの常温保存はダメ!夏場は食中毒の危険も!

Marika
Marika
カレーの常温保存はとても危険!というか絶対にダメ!

夏場は食品の傷みも早く、食中毒の可能性も高くなります。

カレーは時間の経過と共に美味しさが増していきますが、それと同時に食中毒の原因とされる、ウェルシュ菌が増殖し始めるのです。

カレー、シチューなど煮込み料理に潜む「ウェルシュ菌」

このウェルシュ菌が、とても厄介な細菌、、、

一般的には細菌というのは、熱に弱いと言われているので「加熱処理すれば大丈夫!よく火を通せば食べれるよね!」と認識されている方が多いかと思います。

しかし「ウェルシュ菌」に限っては違います。

「ウェルシュ菌」は粘性の高いカレーやシチューの環境が大好き。

43~45℃になると繁殖し始め、12~50℃が長く続くほど増えまくってしまうというのです!

ちょうどカレーを冷まして冷蔵庫に入れようかなと思う温度ですよね、、、(汗)

ちなみにウェルシュ菌は100℃で6時間の加熱でも耐えうる芽胞を形成する!

なんとも恐ろしい細菌なのです。




カレーの正しい保存方法を紹介

カレーを作った後「冷めてから保存しようっと!」なんて呑気なこと言ってないで素早く保存しましょう。

時間が経過するにつれて「ウェルシュ菌」増殖の危険が迫ってきます。

カレーを保存する際のポイント!

  1. 10℃以下に急速に冷やす
  2. ウェルシュ菌が繁殖しないよう55℃以上と保つ

家庭で実行しやすいのは「10℃以下に急速に冷やす」方だと思います。

Marika
Marika
では冷蔵・冷凍それぞれの場合の保存方法について解説していきます!

①冷蔵保存の場合

鍋のまま冷蔵庫で保存すると次のような危険が増します!

  • 鍋は密閉度が低く細菌が繁殖しやすくなる
  • ウェルシュ菌は鍋底で繁殖しやすい

そのため鍋のままではなく、1回分ずつジップロックなどの保存袋密閉度の高い容器に移し変えてからの保存が良いです。

鍋のまま冷蔵庫で保存するのはやめましょう!

②冷凍保存の場合

冷蔵の時と同様、できれば1回分ずつジップロックなどの保存袋に入れて平らにして保存しましょう。

冷凍の場合は日持ちもするので、製氷皿など更に小分けにして料理のアレンジに使用するのも良いですよ♡

ジャガイモは水分が多く傷みやすいので、冷凍する時は取り出しましょう!





冷凍保存したカレーの温め方

Marika
Marika
前日から冷蔵庫へ入れ、自然解凍してから鍋で再度温めなおしましょう!

ジップロックの種類によってはレンジをかけることもできますが、レンジで加熱すると水分が抜けてしまい野菜がパサパサに、、、。

自然解凍が間に合わなかったら、袋ごと湯煎して温めたほうが多いしく食べれますよ!





カレーの賞味期限はどの位?

作りたてのカレーを家族全員が食べ終わるまでの数時間程度の放置でしたら問題はないでしょう。

しかし真夏や湿気の多い梅雨時は、できるだけ早めに冷蔵庫・冷凍庫へしまうのが懸命です。

特に免疫の弱い小さなお子様、年配の方、妊婦さんは特に注意したほうが良いでしょう。

食中毒になってしまうと、本当に辛いのでできるだけ自分で気をつけるように心がけることが大切ですね。

カレーの賞味期限はどのくらいなの?

  • 冷蔵保存の場合→2~3日
  • 冷凍保存の場合→1ヶ月
あくまでも目安なので、できるだけ早めに食べるようにしましょう!





まとめ|カレーは常温で保存しないでね!

カレーを常温保存するとかなり危険なことがわかりましたね。

最後におさらい!

  • カレーに繁殖するウェルシュ菌は熱に強く100℃で6時間加熱しても芽胞を形成する
  • カレーを保存する時は急速に冷やすこと
  • 保存する時は1回分ずつ小分けしてジップロックや密閉容器に入れる
  • 冷凍するときは、傷みやすいジャガイモは取り出してから
  • 冷凍したカレーは、自然解凍 or 湯煎で温める
  • 冷蔵保存の場合→2~3日(鍋のままの保存は危険!)
  • 冷凍保存の場合→1ヶ月